HOME≪特集 人物像

都心で見かけた人物像を集めてみた。
※弘法大師とか日蓮聖人とか二宮尊徳など、どこにでもあって、あまりにも多いものは除く。

伊能忠敬

場所
富岡八幡宮の表参道脇
所在地
江東区富岡1丁目20番3号

旅立つ際には、富岡八幡宮に参拝に訪れたという。

榎本武揚

場所
梅若公園 (墨堤通り沿い)
所在地
墨田区堤通2-6-10

晩年は、向島において馬で散歩するなど悠々自適の隠居生活を送っていた。

大石内蔵助

場所
泉岳寺 山門付近
所在地
港区高輪二丁目11番1号

赤穂浪士が眠る泉岳寺から高輪の街を見下ろす。

大山巌像

場所
九段坂公園内(皇居 田安門付近)
所在地
千代田区九段南2-2-18

日露戦争を指揮した陸軍元帥の騎乗像。

大隈重信

場所
早稲田大学
所在地
新宿区戸塚町1丁目104

第8代・17代 内閣総理大臣。大学創設者の銅像(朝倉文夫作)。

大田道灌

場所
JR日暮里駅前
所在地
荒川区西日暮里2丁目

「山吹伝説」にちなんだ鷹狩り姿の像であるとか。
付近には道灌山通りなど名前の残る場所がある。

大村益次郎

場所
靖国神社
所在地
千代田区九段北3-1-1

近代日本陸軍の創設者とされる人物で、靖国神社の創建に尽力したという。
日本初の西洋式銅像なのだとか。

岡倉天心

場所
岡倉天心記念公園
所在地
台東区谷中5-7-10

横山大観らと日本美術院を創設した人物の旧居跡。
平櫛田中作だという金ピカの像がある。

春日局

場所
礫川公園(後楽園駅となり)
所在地
文京区春日1-15

付近に知行地があったといい、春日通りに面して銅像が立っている。

勝海舟

場所
能勢妙見山東京別院
所在地
墨田区本所4-6-14

勝小吉・勝海 親子から深く信仰された場所であるという。

勝海舟

場所
墨田区役所前
所在地
墨田区本所4-6-14

墨田区本所の出身であることに因んだものらしい。

北白川宮能久親王

場所
北の丸公園(東京国立近代美術館工芸館となり)
所在地
千代田区北の丸公園1番1号

最後の輪王寺宮、維新後に近衛師団長として台湾に遠征。
旧近衛師団司令部のあった場所に建っているのだとか。

楠正成

場所
皇居外苑(二重橋付近)
所在地
千代田区皇居外苑1-1

上野の西郷さん同様、高村光雲制作指揮による銅像。
本来なら現在の皇統と対立した南朝方の英雄であるが・・・

車寅次郎

場所
柴又駅前
所在地
葛飾区柴又四丁目8-14

「男はつらいよ」の街でトランク片手に佇む寅さん。

孔子

場所
湯島聖堂
所在地
文京区湯島1-4-25

孔子像としては世界最大らしい。

孔子

場所
早稲田大学(大隈庭園)
所在地
新宿区戸塚町1丁目104

中国から寄贈されてものらしい。

小林一茶

場所
炎天寺
所在地
足立区六月3-13-20

“やせ蛙負けるな一茶是にあり”“蝉鳴くや六月村の炎天寺”などの句を詠んだ場所だとか。

小松宮彰仁親王

場所
上野公園(動物園の側)
所在地
台東区上野公園7-47

奥羽征討総督として戊辰戦争を戦う。

近藤勇

場所
近藤勇墓所(寿徳寺境外墓地)
所在地
北区滝野川7-8-1

板橋刑場で処刑され、胴体が葬られたところ。

近藤重蔵守重

場所
正受院
所在地
北区滝野川7-8-1

北方探検家として活躍した幕臣。近所に住んでいたらしい。

西郷隆盛

場所
上野公園
所在地
台東区上野公園7-47

お馴染みの犬を連れた西郷さん。
皇居と同じく高村光雲制作指揮の銅像。

坂本龍馬

場所
北浜川児童遊園(立会川)
所在地
品川区 東大井2-25-22

土佐藩邸の近所に20歳を推定して再現されたという龍馬の立像。

渋沢栄一

場所
飛鳥山公園(渋沢庭園)
所在地
北区西ヶ原2-16-1

明治の実業家の旧居、曖依村荘跡地に建つ。

渋沢栄一

場所
常盤橋公園
所在地
千代田区大手町2丁目7?2

日本橋川を挟んで日本銀行の向かいに建つ。

品川弥二郎

場所
九段坂公園(牛ヶ淵沿い)
所在地
千代田区九段南2丁目2-18

田安門の付近に立つ明治政府の要人。

松雲元慶

場所
五百羅漢寺付近(目黒)
所在地
目黒区下目黒3-7

江戸時代の仏師で、五百羅漢寺の仏像製作者。

ジョサイア・コンドル

場所
東京大学(工学部付近)
所在地
文京区本郷七丁目3番1号

明治政府のお雇い建築家。工部大学校教授として後継者を育成した。

菅原道真

場所
亀戸天神
所在地
江東区亀戸3丁目6番1号

五歳にして、梅の歌を詠んだという管公像。

徳川家康

場所
江戸東京博物館(屋外)
所在地
墨田区横網1-4-1

鷹狩りスタイルで亀に乗った家康。

夏目漱石

場所
漱石公園
所在地
東京都新宿区早稲田南町7

名作を執筆した旧居、漱石山房の跡地に建つ胸像。

新田義貞

場所
分倍河原駅前
所在地
東京都府中市片町2-21-18

鎌倉幕府軍との激戦地に建つ騎馬像。

野口英世

場所
上野公園(科学博物館の側)
所在地
台東区上野公園8番

試験官らしきものを翳して立つ偉人の姿。

鳩山一郎

場所
鳩山会館
所在地
文京区音羽1-7-1

元総理旧邸に立つ友愛のルーツ。

樋口一葉

場所
千束稲荷神社
所在地
台東区竜泉2-19-3

小説「たけくらべ」ゆかりの神社に建つ胸像。

土方歳三

場所
土方歳三資料館
所在地
日野市石田60

子孫が経営する資料館の庭に建つ胸像。

土方歳三

場所
高幡不動
所在地
日野市高幡733

菩提寺に立つ新撰組副長の雄姿。

ポードワン博士

場所
上野公園(噴水付近)
所在地
台東区上野公園8番

寛永寺跡の公園化を提言した人物。

マシュー・C・ペリー

場所
芝公園(増上寺山門付近)
所在地
東京都港区芝公園2丁目

あの黒船のペルリ(ペリー)提督。

松尾芭蕉

場所
奥の細道プチテラス(足立市場の側)
所在地
足立区千住橋戸町50

千住の旧街道に立つ芭蕉の石像。

松尾芭蕉

場所
採茶庵跡(海辺橋南詰)
所在地
江東区深川1-9

奥の細道の旅に出る前逗留した門人の別荘。

松尾芭蕉

場所
深川芭蕉庵史跡展望庭園(隅田川と小名木川との合流地点)
所在地
江東区常盤1-1-3

晩年は、この付近で過ごしていたらしい。

吉田茂

場所
北の丸公園(清水門付近)
所在地
千代田区北の丸公園2?6

バカヤロー解散などのエピソードで知られる戦後の元総理大臣。

吉田松陰

場所
松陰神社
所在地
世田谷区若林4丁目35-1

自らを祀る神社で静かに座す幕末の英雄。

力道山

場所
池上本門寺
所在地
大田区池上一丁目1番1号

墓所前で腕組みする昭和のカリスマレスラー。

両津勘吉

場所
亀戸香取神社
所在地
江東区亀戸三丁目57-22

町おこしのシンボルとして駅前などにも建っている。

和気清麻呂

場所
大手濠沿い(平川門付近)
所在地
千代田区大手町一丁目4

道鏡の野望を挫いた忠臣とされる。