HOME<<人物編<<岩崎弥太郎


大河ドラマの影響で俄に存在感が増している感のある岩崎弥太郎
人気面では、坂本龍馬の抱き合わせ感があるものの、 実際に、日本に残した業績は比較にならないほど大きいのではないだろうか。
幕末には、龍馬以外にもスターは大勢いるため、この時期の弥太郎はと言うと、土佐商会や海援隊で算盤を弾いていたイメージばかりが強く、 存在感としては埋没している感もある。
実業家としても、よく龍馬の後継者と言われるが、それは、あくまで龍馬を主役と見る主観によるもので、実際には、かなり無理があるように思える。
おそらく、龍馬の影響はあったであろうが、一番影響を与えた人物かと言うとそれも怪しい。
もし、仮に龍馬がいなくても三菱財閥が誕生しなかったとは考えにくい気がするからだ。
となると、やはり岩崎弥太郎にとっての最重要人物は、間違いなく後藤象二郎であろう。
弥太郎の経営の才を見いだしたのも後藤象二郎であるようだし、 政商として政府内に浸透していったのも、
後藤との繋がりによるところが大きい。
その後藤象二郎との関係を梃子として、明治維新後には、いよいよ弥太郎の時代が到来する。
九十九紹介、三菱商会、郵便汽船三菱会社など社名を変えながら、 国内外のライバルを蹴落とし三菱財閥を礎を
築くと、グループのドンとして君臨、三菱のレジェンドとなる。
現代の視点からすると、いや、当時からか、岩崎弥太郎にはダーティーなイメージも付きまとう。
政界と癒着しインサイダー的な商法を得意とする政商というものだ。
確かに、弥太郎には、渋沢栄一のように公益性を一意とするクリーンな印象はない。
だだ、それでも、岩崎弥太郎が激しく外資とも戦った明治NO.1の実業家であることは揺るがないものと思われる。


東京の岩崎弥太郎ゆかりのスポット

旧岩崎邸庭園(旧岩崎家茅町本邸)

不忍池からほど近い場所にある 旧岩崎邸庭園 は岩崎家の本邸として
建てられた明治期の建造物だ。
ジョサイア・コンドル 設計によるトレードマークの洋館などの建物類は3代目の
岩崎久弥時代のものであるが、 この土地は弥太郎が舞鶴藩牧野氏の
屋敷地を購入したものであるという。


三菱史料館

旧岩崎邸庭園 の敷地に隣接して三菱史料館がある。
三菱経済研究所という組織の付属施設らしい。
なんでも、三菱創業125年を記念して平成8年開館した建物だとか。
館内では、岩崎弥太郎にはじまる三菱の歴史がゆかりの品や史料と共に
展示、解説されている。
旧岩崎邸庭園 とセットで見るのが良いかもしれない。


丸の内

丸の内界隈は、岩崎弥太郎が明治政府から払い下げられた土地をオフィス街として開発した場所だという。
現在でも、三菱グループ関連のビルが集まっているエリアだ。
三菱商事、三菱UFJ、日本郵船、明治安田生命保険 などの本社ビルが建ち並んでいる。


三菱1号館美術館

2010年にオープンしたこの美術館の建物は、明治期の「三菱一号館」を復元したもので、 ジョサイア・コンドルの設計で建築された当初の姿に再現されているんだとか。
ちなみに、建てたのは三菱地所らしい。
「三菱一号館」は、丸の内でオフィスビルの先駈けとなっ建物で、三菱合資会社の銀行部などが入っていたのだと言う。


六義園(岩崎家駒込別邸跡)

元禄の世に柳沢吉保が造営した 六義園 は、大名庭園としては、トップクラスの知名度と人気を誇る観光スポットだ。
古くから江戸二大庭園の一つに数えられた、この名所も明治期には岩崎弥太郎の所有するところとなっていた。
このような、別邸をいくつも持っていた岩崎家は、江戸時代のお殿様をも凌駕するような栄華を誇っていたに違いない。


清澄庭園(岩崎家深川別邸跡)

深川の清澄庭園は、 江戸時代ではトップクラスの知名度を誇る元禄期の豪商紀伊國屋文左衛門の屋敷があったとも言われる場所である。
享保期には、下総関宿藩の下屋敷が置かれ、その時期が庭園のルーツであるらしい。
ここも、財を成した岩崎弥太郎が購入した物件の一つであるという。


東京海洋大学(旧三菱商船学校)

清澄から清澄通りを月島方面に進むと東京海洋大学の越中島キャンパスの
敷地が見える。
この海洋大学は、大久保利通岩崎弥太郎に依頼し、郵便汽船三菱会社が設立した私立三菱商船学校をルーツとしている。
通りから垣間見える「明治丸」は明治政府から商船学校に貸与され練習船などとして活躍していたものだという。



このページのTOP   23区上野編   23区皇居編   23区駒込編   23区深川編   人物編のTOP